ADHDだった少女のその後

ADHDと診断されて早10年

アパレルの仕事

 

 

anond.hatelabo.jp

 

 

この人、アパレルとは思えないほど(失礼)しっかりした文章で、ちゃんと質問にも納得できるように答えてて、すごいなあと思った。

 

自分としてはこの仕事に誇りとプライドがあるので、詳しくは言えないが販売員地位が向上するような仕事をしていきたい…と温めている部分はある。

 

これ、何だろうね。

それと、アパレルの仕事に誇りとプライドがあるって、すごいね。

私も、そういうつもりでアパレルやってたけど、頑張っても見返り少ないし、周りの販売員も仕事にたいして卑屈だしで、段々誇りもプライドも持てなくなってきた。

で、辞めた。

 

「育つ前に見切りをつけて」辞めた人、私完全にそれ。

 

多分、この人は仕事に誇りが持てるくらい仕事が好きか、あとは人に恵まれたんだと思う。

キツくて給料の安い仕事って、そこでしか生きていけないようなヘンな人も集まりやすいから、人間関係で嫌な思いすることも多いんだよね。

この人は、そういうことはなかったのかな?

そういうの加味しても、仕事が好きと思えるくらい、情熱を注げてるのかな。

 

私は、販売の仕事は好きだけど、給料の安さやヘンな人の多さ、社会的地位の低さをチャラにするほどにはのめり込めなかった。

販売職を辞めたことは、一度たりとも後悔したことがない。

 

アパレルに勤めてる人で、仕事辛い人は、どんどん仕事辞めればいいと思う。

どんどん人がいなくなって企業を困らせれば、すき家みたいに、環境改善せざるを得ないから。

 

店員に服買わせるのも、くだらない。

仕事に必須なものを、なぜ自分でお金を出して買わなければいけないのか。

それも、毎月毎月。

好きなブランドならまだいいけど、好きじゃないブランドに配属した時はバカみたいだった。

 

アパレルのデメリットは知りながら就職したけど、色々経験して、将来性のなさも兼ねて、やはり嫌になってしまう。

 

友達が文句言いながらアパレルで販売員やってて、もう辞めたらと思うくらい酷いのに、「人がいないから」と言って辞めない。

長く続けている人の中には、お人好しでハッキリと退職を言い出せずにズルズル続けている人も多い。

そういう人が、勤めが長いから何となく仕事ができるようになって、何となく店長になっていく例も多い。

 

私が販売職を辞めたのは、将来性のなさや理不尽さに嫌気がさしたのもあるが、一番は店長に恵まれなかったことだと思う。

3人の店長を経験したが、どれもロクでもなかった。

他業種の今の仕事に就職して、「上司や先輩が普通に仕事を教えてくれるってこういう事なんだ」と感動した。

でも、販売職の仕事自体は好きだった。

この匿名ダイアリーの人のような店長に恵まれたら私はもっと続けられたのかもしれない。