読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDだった少女のその後

ADHDと診断されて早10年

借金玉さん方式に、4月の休養日を決めてみた

金玉さんのタスク管理が具体的で良かったので、早速手帳に休みの日程と、4月の間にやるべきことと、やりたいことのタスクを書いてみた。

 

 

syakkin-dama.hatenablog.com

 

 

f:id:Erika1010:20170314221807j:plain

 

ピンクで囲んだところが「休養日」。

私の経験上、土日のどちらかは家で休む日がないと、平日の仕事で息切れしてしまう。

旦那の予定などとも調整しながら、土日のうちの絶対休息日を決めた。

 

定期発生型タスクは、私の場合、「旦那に家賃の半分を払う」くらいしかない。

あとは、欲しい絵を見に行くなど、やりたいことを左側のスペースに書いておいた。

メールの返信などの、個別発生タスクはその都度書いていく。

 

私の会社も1年前から水曜日はノー残業デーということで半強制的に6時には帰らされつことになった。

すると、確かに「今日は6時に帰らないといけないから何時までに〇〇終わらせなきゃ」など考えられるようになった。

そういう感覚を週に1度でも持つことにより、他の曜日でも早く帰ることを意識することが多くなった気がする。

私の会社には、子供を育てながら働いている人も結構いるのだが、保育園の関係などで「何としてでも5時に帰らなければ」と思うことで逆にメリハリがついて集中して働けたりすることもあるらしい。

 

仕事でもこうならば、プライベートな家事などでも、休みの時間をはっきりさせることで、メリハリを持ってこなせるようになるのではないか。

 

 

最終的には「休養日を増やすために予定をやりくりする」概念が発生してきます。ここまで来ると勝ちゲーです。

残念な人類のためのタスク・スケジュール管理術 - 発達障害就労日誌

 

勝ちゲーになりたいなあ。

とりあえず、4月の終わりまでやってみようと思う。