読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDだった少女のその後

ADHDと診断されて早10年

根性は有限

社畜ブログさんだったかなあ。

ネットの文章で「根性は有限」ってあったんだよね。

日本の労働環境批判か何かの文章だったかで、さらっと出て来た言葉だった。

でも、なんかその言葉が妙にしっくりきて、今日まで覚えてた。

 

というのは、前の職場環境がパワハラがひどくて「根性」でなんとかしようとしていたのだけど、結局つぶれちゃったから。

それで、人事に頼んでまた新しい環境に異動させてもらったんだけど、さっぱりやる気が出ない。

なんか色々気力が落ちた。

どうやったらもっと上手く売れるかとか、もう考える気がしないのだ。

新卒の時は惰性で仕事してる人って嫌だなあと思ってたけど、1年半で自分もそうなりましたよ。

 

「根性は有限」で検索したらこの記事が一番上に出て来た。

 

有限の根性

 

2011年の記事なんだけど、いつの世にも通じるようなこと書いてある。

この人の祖母は「根性」で色んなことを乗り越えた結果、がんという名の反動が来て、50代半ばで亡くなったそうだ。

私の場合は「過呼吸」という形で反動が来たわけだが、反動は小出しにした方が長生きできるのかもしれない。

部活や仕事も続かないから現代日本ではちょっと生きづらいけどねー。

 

根性で乗り切るのは何でも辛いけど、乗り切った後のご褒美とか、頑張った後の休息とか、そういうのがあったらもっと続くと思うんだよね。

というか現代日本で生きる人達はそこらへんのバランス取りながら上手くやってると思うんですよ。

でも私は、頑張っても批判されるし週5で立ちっぱなしで疲れるしでバランスが悪かったのだ。

頑張った所で社会的地位とか収入とかどうなのって心の奥底で思ってたんだけど、どうすればいいのか何かよく分かんなくって、壊れちゃった。

 

一回壊れると、脳もおかしくなるみたいで、新しい職場でもミスばかりだよ、私。

前よりずっと働きやすいはずなのに、全然仕事も覚えられないし、やる気もない。

 

もう、頑張れない。踏ん張れない。

 

とりあえず家で寝てたい。何もしたくない。

 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)