読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDだった少女のその後

ADHDと診断されて早10年

新卒の女で入社1年目で結婚したけど特に会社からの評価は上がらん

しゅなさん(id:asimino)のこの記事、読みました。

 

 

入社1年目で結婚したら上司と友人からの評価が圧倒的だった話 - あしみの 日記

2015/07/24 07:10

 

文面からも幸せいっぱいなことが読み取れますね。

実は私も、去年新卒1年目で結婚しました。

この記事では共感できるところもありましたが、女性の私とは違うな、と思った事もいくつかありました。

 

共感できたところ

・「偉いね」「すごいね」と言われる
 「男は結婚すると社会的に信頼される」なんて言いますが、それって「ある1人の女性が、結婚相手に選んだ男」だからだと思うんですよね。1人の人間がこの人を結婚相手に選んだっていうのは「圧倒的な信頼」が存在します。結婚は人生を左右する一大イベントなので、相手への圧倒的信頼が根底にないと結婚できません。人間性、精神面、経済面、…、いろいろ。
 なので、「結婚している=人生を賭けてこいつを信頼している人が存在する」ってことが、社会的な信頼に繋がっていると思うんですよね。 

若くして「人生を賭けてこいつを信頼している人が存在」し、その人との結婚という決断をするのは勇気の居ることなので、「すごいね」と言われる。

また、私の場合出来婚ではない、ということも「えらいね」と言われた。なんだかんだで「結婚➡出産という順番は守るべき」と考えてる人は多い。「子どもが出来たから」ではなく、信頼と愛情によって結ばれた、ところもプラス点であった。

あと、「少子化に貢献する」という意味でも偉いと言われたことがあった。「早く子ども産んで少子化に貢献しなきゃね」とか・・・私の子宮は国家のためにあるんじゃねぇ。

 

・羨ましがられる

巷(ちまた)では「よりよい結婚相手を見つける」ことが大事で、若くして結婚するのはリスクだ! みたいな風潮があるように思います。なので、私のように若くして結婚を決めたこと(+若くして結婚相手に選ばれた妻)を高く評価するのでしょう。私が感じた印象だと、結構マジに「すごいね」と言ってくれます。
 「君のことは好きだけど、まだ結婚はできない」という、結婚を先延ばしにしている男が多いのでしょう。もしくは、結婚する気のない彼女をキープしつつ、よりよい相手の存在を待ちわびている男が多いのでしょう。結婚したから偉いって訳じゃないけどさ。

 

 

私が感じた印象でも、結構マジに「すごいね」と言ってくれます。

「結婚したいと思えるような魅力的な男性に結婚したいと思われる」ってかなりハードル高いです。

結婚したいと思える男性って女性の目から見たら少ないし、そういう相手にはもう彼女・奥さんがいたりする。それに男性側は結婚する気ない場合も多い・・・まあ、男性は年齢によってモテなくなるなる現象が緩やかだし、未婚者に対する風当たりも女性程キツくないしね。

そもそも、若い世代だと出会い自体無かったりする。仕事が忙しかったり、20代は男女ともに受身になりがちだったり。恋愛自体が難しい。

そんな状況で、若くして結婚相手が見つかる、というのはとても希少なこと。特に女性は結婚願望が強いから同世代の女性にかなり羨ましがられる。確かに、これは気分良い。

若い男性はまだ結婚は考えられない、という人も多いので「若くして決断した彼も偉いね!」と彼もセットで褒められることもあります。

 

上司からの評価は別に上がらなかった  

記事の男性は、そこそこの学歴の新人が結婚すると様々な良いイメージを持たれるとし、その二つの例として、「まじめ」「会社を辞めない」と思われることを挙げています。

 

まじめ
学生時代から付き合っている彼女と、結婚できるようになった時点(=大学卒業+就職)で結婚するまじめ一途律儀な男。 

 

 「一途に思われる」というのは、私も一緒です。

 でも、「会社を辞めない」については女の私とは真逆でした。

 

  • 会社を辞めない
    会社にとって、新卒採用者の早期退職は大きなリスクです。多くの人が結婚している人=会社辞めないというイメージを持っています。会社を辞めるリスクが少ない部下は上司に精神的安定をもたらします。加えて、将来の中核社員になることが期待されるので、大事にしてくれます。
    今の時代、新卒入社した会社に定年まで勤めるって考えは古臭いですが、「既婚者は会社を辞めない」ってイメージは根深く残っている気がします。

 

 

 

 これは、完全に男女非対称ですよね。多くの人が結婚している女性=会社辞めるというイメージを持っています。結婚を上司や会社に報告したときも、「仕事は続ける?」って聞かれたし。男の人だとこういうこと聞かれないんだろうな。

会社を辞めるリスクが少ない部下だと思われるというメリットがないので、「上司に精神的安定をもたら」すとか、「将来の中核社員になることが期待されるので大事にしてくれ」るということも特になかったです。前の店舗も今の店舗も売上の多いお店なので、会社からは可愛がられていると思いますが、それは結婚しているから、というよりも売上が良くて真面目にやってたからだと思います。販売職という仕事柄、男だろうが女だろうが重要なのは売上だと思うけど、やはり男性の方が結婚している方が評価されやすいのだろうか?

あと、記事で社長と話すときに結婚していることを言ったらすごく好印象で食いつかれたというエピソードがありました。あれは私がやったら「若いのにすごいね」くらいは言われるだろうけど「じゃあすぐ子ども生んで辞めちゃうんだね・・・」って思われるんじゃないかな。

男性は結婚している人=会社辞めないと思われる。女性は結婚している人=会社辞めると思われる。ここは、男女で真逆です。

出産で会社を辞めるリスクが高い人材と思われている以上、女性の場合結婚が仕事の評価につながることなんてないんじゃないかな・・・私は今のところないです。

「どうせ辞める人」と思われるのは癪だけど、 でも、確かに妊娠中も働いて産休、育休を経て仕事復帰って結構大変。実は職場に妊婦さんで臨月まで働いてた人いたんだけど、大きいお腹でボッテボッテ歩いててかなり辛そうだった・・・はっきりいって、妊娠中は家でゆっくりしていたい。妊娠初期から休職なんてできるだろうか?できないんだったら仕事やめたいなあ。。「出産で女性は仕事を辞める」ことの前例を作ってしまって申し訳ないけど。

 

結婚してからウザかったこと

あと他にも色々言いたいことあるからここに記す。

「子どもは?」と言われる

「子どもは?」「お子さんの予定は?」「早くした方が良いわよ」「20代のうちにね」・・・ああ、分かった、分かったよ。知ってるから。

子どもなんてすごくプライベートなことだし、作ろうと思って出来るとは限らない。それに、夫婦のライフプランもある。こういう、セックスが絡むようなプライベートなことをどうして堂々と聞いてくるんだろう。どうしてプレッシャーをかけてくるんだろう。

100歩譲って、母親とか親族ならばまだ分かる。一族の繁栄に関わることだから。

でも、そこまで仲良くもない人に急かされる筋合いはない!

 

なぜか私が家事をすることになっている

子どもがいなくてフルタイムで働く女性でも、結婚すると「主婦枠」に入るらしい。特に、料理は私がやるものだと思われている。「旦那さんにごはん作ってあげなきゃね」

的なことは結婚してから一番言われた。なんで家賃の負担半分で家事負担は妻のみにのしかかるのか。ちなみに、夫のほうは「奥さんにごはん作ってあげなきゃね」なんて言われないらしい。ここも男女非対称だ・・・。

こういうこと言うと、「将来子どもにごはん作ってあげるために妻がすべき」って言う人いるけど、料理なんてクックパッド見ながらいくらでも作れるしね。確かに、将来私が子どもできて、パートタイマーになったら料理は作ると思う。でもフルタイムで立ち仕事の今は無理だよ・・・毎日冷凍ごはんと納豆、卵、キムチ、、、などのおかずで料理ゼロで生きてる。彼もそんな感じ。食費がかからないのなんのって。

彼は一人暮らし経験があって、働きながら家事をこなすことの大変さを知ってるから「女だから」という理由で私に家事を押しつけることはしないけど、これが亭主関白タイプの夫だったらウザかっただろうなあ。

 

「子どもは?」とか「ごはん作ってあげなきゃね」とか、イラッとするんだけど、でも言ってる本人は悪気ないんですよね。子どもは早く生んだ方がいいとか、共働きだろうが妻が家事をやるものとか、彼らにとっては「当たり前」で、会話のネタに使ってるだけ、みたいな。だから、そういうこと言われるの本当は嫌なんだけど「共働きなのに妻にだけ家事の負担がかかるのは性差別だと思います。そういうこと言うのやめてもらえますか?」なんて言おうものなら空気読めない人になりそうで・・・。結局泣き寝入りってやつです。

ちなみに、20〜30代の全員子無しの女性が働く今の店舗では、「子どもは?」と聞かれることはほぼなくなりました。多分「子どもは早く産んだ方がいいよ」なんて言おうものならブーメランとして自分に返ってくるからだと思う。あと、「彼氏は?」「結婚は?」「子どもはまだなの?」と聞かれるウザさを知っているからだと思う。「ごはん作んなきゃね」も言われなくなった。それぞれのライフスタイルがあることを心得てる感じがする。逆に前の職場にいた40代以降の人達は固定概念が強い感じで色々うるさかった。やっぱり若いおねえさん達と働きたい。

 

でも、やっぱり結婚って良いよね

愚痴も色々書いちゃったけど、やっぱり結婚って良いよね。

結婚という、「正式なカップルであるというお墨付き」をもらうことは、二人の覚悟を決めて、絆を深めることだし、周りからも認められる。

それに、何より毎日一緒に居られるのがいいよね!とは言っても二人とも不規則な仕事してるから結構すれ違ってるんだけど、それでも独身でカップルの時よりは全然一緒に居られる。 

子どもを作っても問題なし。正式に中田氏できるぜ!!

 私は結婚して本当に良かったと思っています。

 

 

 

 

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

 

 

本気で結婚したいと思ったら読む本