ADHDだった少女のその後

ADHDと診断されて早10年

私にヲチされているあの子について

一度だけ、自分の悪口をネットで書かれているのを見つけてしまった事がある。

 

その夜は、なんだかとてもイライラしていた。

過去に言われた一言に腹が立って仕方なかった。

その発言をした本人は、SNSで何か問題発言をしていないか。

何か見つけたら、炎上させてやる、と思った。

 

ツイッターでその人のフルネームを検索してみたら、本人のツイッターが出てきた。

しめた、発言遡って晒し者にしてやる。

そう思ってクリックしたものの、残念ながら鍵付きであった。

 

コイツのフォロワーに、私の知り合いはいるのだろうか。

そう思って、フォロワーを探った。

 

その中に、見覚えのあるアイコンがあった。

そのアイコンは、私のラインの友だちの中にもあった。

 

あの子、ツイッターやってたんだ。

 

名前はHNだったが、すぐにピンときた。

彼女のツイッターを開き、ツイートを遡っていく。

彼女は、一時期一緒の店で働いたことがある、先輩の立場の人だった。

ツイートは、かつて私と働いていた店のことへと遡っていった。

 

その頃から、トゲのある発言が目立っていく。

 

「新しくきた派遣、本当に使えない。口の利き方がなってない。」

「うちのおばさん社員、イライラがハンパないんだけど。」

「あの人、本当に店長経験者なの?全然動けないじゃん」

 

その他、店だと分かるような内装の写真も見つけてしまった。

本名がわかるような写真や、顔写真も載せている。

炎上してもおかしくないようなツイートの数々を見つけてしまった。

 

ギョッとしながらも、怖いもの見たさでツイートを遡っていく。

ついにツイートは、私と一緒に働いていた時期まで遡る。

そこで、見つけてしまった。

 

「〇〇店のエリカちゃん、本当使えない。イライラ感半端ないんだけどあの子」

 

おい。

おいおいおい。

おいおいおいおいおいおいおい。

 

私の事書いてるし。

しかも名前出し。

本名出し。

 

スマホをスライドさせる手が止まった。

そして一瞬頭を真っ白にさせたあと、冷静になって、怒りが湧いてきた。

 

信じられん。

 

放っておくべきか、とも考えたが、やはりここは何か一言言ってやらないと気が済まなかった。

あの〇〇店のスタッフの中で、エリカという名前は一人しかいない。

見る人が見れば、「エリカちゃん」が私の事を指している事は分かるのだ。

インターネット上で、「〇〇店」の「エリカちゃん」は「使えない」というワードが残り続けるのだ。

それが、とても嫌だと思った。

今すぐ消して欲しい。

 

そんなわけで、彼女の連絡先はラインにあるので、今すぐ削除して欲しい、という怒りのラインを送った。

結局すぐに謝罪の言葉が来て、ツイートは削除された。

もう辞めた店なので本当はどうでもいいが、一応炎上する可能性があるようなツイートの削除も促した。

 

本当は、2chの馬鹿晒しスレとか、に晒しても良かった。

捨てアカウントを作って、「お前の事は知っているぞ、〇木〇美」みたいに脅しても良かったかもしれない。

会社に通報してもダメージが大きかっただろう。

 

でも、そうしなかったのは、一応仕事教えてもらったり、理不尽なクレームから庇ったりしてもらった恩があったからだ。

ツイートでこんなに悪口を言っているのは驚いたが、一緒に働いているときの印象は、お人好しで、何かをいつも我慢しているような感じだった。

人手不足の中、まだ実力が足りないにも関わらず上の立場に担ぎ上げられて、彼女もストレスが溜まっていたのだろう。

 

とはいえ、私はとても腹が立った。

 

こんな事があっても彼女はまだツイッターに鍵を付けない。

暇なのか、結構よく更新するし、プライベートな事も書く。

 

私に未だヲチされていることにも気づかずに。

〇〇なんて治安の悪い土地に引っ越すのか、やっぱり金ないんだなあとか思われているのも知らずに。

 

こういうことがあって、私にはまた一人、呪いをかける人物が増えた。

また私の働いていた〇〇店のスタッフで飲み会する事はないかな、と思ったりする。

彼女の上の立場の人に、彼女の炎上ネタのツイートのスクショを見せたり見せなかったりして脅したら楽しそうだな、とたまに妄想したりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せだった時期

人生で一番幸せだった時について書きたい。

 

それは、就活も決まった大学4年生後期、週1の授業にだけ大学に通い、あとはなーんもしなかった時期。

サークルにも行かなかった。

バイトもしなかった。

 

ひたすら家にいて、週1の好きな授業にだけ通ってた。

あとは家にいて、猫と遊んだり、本を読んだり、ギター弾いたり、歌ったりしてた。

 

今まで死にたいとか思いまくってた私が、ある日「あれ、私幸せじゃね?」と思った。

 

あったかい羽毛布団にくるまって、窓からは日が差してて。

こういう天気が良い日は、いつもご飯作ってくれるお母さんが、洗濯物を干しに私の部屋を通ってベランダ行って。

 

なんか、そんな情景。

 

旦那と結婚できた時も幸せだったんだけど、その時は仕事が大変だった。

新婚なのに、会社のせいでメンタル病んだし。

 

その後、また幸せで調子良くなったのは、仕事を辞めてゆるく転職活動をしている時期

だ。

その間、私は専業主婦として日々を過ごし、旦那が帰ってくるのを待っていた。

その時に、ちゃんと料理を覚えた。

主にこの本で。

 

料理のきほん練習帳

料理のきほん練習帳

 

 

今まで全然料理の出来なかった私が、料理の楽しさを知った。

それと、段々手際が良くなり、他の事務作業も連動して上手くなった。

 

毎日私の作った料理を旦那が美味しいと言って食べてくれる。

ストレスがないから、私の顔付きや雰囲気も柔らかくなった。

ただ家にいると筋力が弱ってしまうので、近所のジムにも通っていた。

 

「幸せな奥さん」

 

私を抱きながら、旦那はそう言った。

 

ただ、転職活動は無事終わってしまい、私はまた働きに出ることになった。

今度の仕事は上手くいってるし、お給料も増えた。

しかし、やはり仕事は仕事で大変なので、手放しに「幸せだなあ」なんて思うことは、今はない。

 

若く健康で子供のいない私が夫婦というタッグを組んで生きていく観点で見た時に、最も合理的選択は、このまま私が働き続けることだ。

何故ならば、世帯年収が数百万も上がるからだ。

 

しかし、幸せか、という観点で見た時に、今までの私の人生の経験からいって、このまま正社員で営業として働き続けることはどうなのか、と思う。

 

何故ならば、私は今、ちょっと無理しているからだ。

そもそも、9時に週5で出勤というだけでキツイ。

朝に弱いからだ。

また、体力もなく、営業中のかなりの時間をサボりに当てている。

 

それでも数字を取れたのは、私が営業に向いていたからだろうか。

数字が認められ、お客様や担当企業も増えた。

しかし、やっていけるのか。

お給料は上がるかもしれない。

でも、それと引き換えに私の身体は悲鳴を上げている。

 

そういうことを真剣に考え始めたきっかけは、婦人科に通うような病気になりかけたためである。

赤ちゃんが産めなくなるかも、ていうより死ぬかも、と思うような出来事があった。

 

また、20代で子作りするとした場合、「何もせずにボーッとできる時間」はどれだけあるだろうとも考えた。

仕事して、妊娠して、子育てして、、、と考えると、自分の時間ないじゃん!と思ったのである。

子育て終わった後ゆっくり出来る時間があるじゃないか、と考える人もいるかもしれないが、それじゃ意味がないのである。

 

だって私は、20代のうちに、今すぐ「ボーッとする時間」が欲しいからだ。

 

子供を産むまで専業主婦になりたい、という希望はもう旦那に伝えてある。

好きにしなよ、と言われた。

 

あとは自分の決断なのだが、私はどうすれば良いのだろうか。

専業主婦としてゆっくり過ごしたいとも思う。

一方で、この仕事を手放すのが勿体無いとも感じる。

 

揺れる気持ちの中で、中途半端に子作りしたりしている。

どの決断にも定まらず、中途半端な思考で中途半端な事をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事で成功出来そうな気がしなかったからせめて結婚だけはすることにした

仕事をしていて辛かったのが、人の話を聞けないこと、どうしても不注意でミスが多いこと。

 

学生の頃から変なミスが多いし、授業中どこやってるのか分からなくなるし、こりゃ、社会に出たら大変だなと思った。

事務作業をやらせたらヤバそうだから、細かい作業の少ない、そして、私の容姿やおしゃべりが活きる販売職を仕事に選んだ。

 

その販売職でさえ続かす、今はこうして無職で転職中。

 

25歳既婚第二新卒という条件の転職活動は厳しい。

特に、未経験の職種を狙ってるから厳しい。

 

私は、働きたくないわけじゃない。

25歳の健康な女性として、お金を稼いで過ごしたい。

 

社会人生活は辛かったけど楽しかったから。

それに、心配していた「週5でフルタイムで働く」とか、「怒られながらも仕事を覚えていく」ということが可能だと分かったから。

職場環境が良くなかっただけで、私はちゃんと「社会人をやれる」ということが分かったのは大きかった。

結果的に仕事は辞めてしまったけど、自信がついたからまた挑戦しようと思える。

 

さて、この、「社会人やれる自信がついた」ってのはメチャクチャ大きい。

学生時代、遅刻やミスを繰り返し、「私本当に社会人としてやっていけるかな?」ってとても不安だった。

 

なにしろ、ADHDだし。

 

十代の頃に、「負け犬の遠吠え」という本が流行った。

30歳超えて結婚してないのは負け犬!と言い切ったのが痛快で世間にウケたらしい。

 

負け犬の遠吠え

負け犬の遠吠え

 

 

でも、この人達はキャリア積んでて自立してるし、結婚してないとはいえ金持ってるんだよね。

 

キャリア積んでて自立してて結婚してない女性が「負け犬」。

なら、非正規で貧乏で結婚してない女性は「犬の腐乱死体」じゃないか、ってどこで読んだっけ?

 

私は、学生の時から社会不適応者の気があった。

病んで、働けなくなってしまうかもしれない。

 

そうした時に、まだ、結婚してれば救いがあるかもしれない。

経済的にも、精神的にも。

 

そう思って、私は「せめて結婚だけはしよう」と心に決めた。

18歳の頃である。

 

受験は本当はMARCH以上に行きたかったけど、集中力がない私は撃沈。

MARCH以下の大学はいわゆるお嬢様女子大学しか受けなかった。

自分の偏差値が低くても、インカレサークルなどで優秀な男子生徒に出会えるからである。

 

私は、なるべく早く結婚したかった。

25歳までには結婚したい。

できれば、もっと早く。

 

23~25歳で結婚するならば、その若さでの婚約に説得力を持たせるため、3年は付き合っておきたい。

と、なると、例えば最短で社会人1年目の23歳で結婚するならば、20歳の頃にはもう付き合っているのが望ましい。

大学2年生ぐらいまでには付き合っておきたい。

 

どうせ目指すならば、最短での結婚。

受験勉強ですっかり「何かに追われる辛さ」に懲りた私は、30前後になってまた婚活で焦るなんてまっぴらごめんだった。

 

大学在学中は、もちろんインカレサークル所属。

優秀でカッコイイKO生がたくさんいた。

 

しかし、結局、私はインカレサークルの男の子とは付き合わなかった。

 

あるイベントで偶然出会った、今まで会った人の中で一番優秀な学生と付き合うことにした。

 

付き合うっていうか、この人と結婚することにした。

 

私に興味無さそうだったから、自分から声を掛けた。

あの時声を掛けなかったら、私たちは一生交わっていなかったと思う。

 

優秀な人が待ってるだけで自分に声をかけてくれるなんてさらさら思っていなかった。

 

大学1年生の事である。

 

それからの私の青春は全てこの人と共にある。

そして、18歳のあの頃誓った通り、24歳で結婚した。

 

私は相変わらずトットちゃんで、仕事なんて続きやしなかった。

 

ドジで、不注意で、精神的に弱くて・・・

 

それでも、私は旦那がいるという事に救われる。

旦那と共に、将来のために、仕事探さなきゃな、明日も頑張らなきゃなって思える。

 

この人がいなかったら、私はもっと辛かった。

 

 

私はADHDで、不注意で、感情が激しくて、社会で生きていくのはちょっと難しい。

 

でも、そういう人には、そういう人なりの人生の作戦がある。

未来の私がどうしようもない孤独とか虚無感に悩まされないように、18歳の私はきちんと考えて、動いたんだ。

 

こんな素敵な旦那を捕まえてくれて本当にありがとう、と過去の私に言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職記 正社員募集のはずなのに受けに行ったらバイトだった件

事務スタッフの面接受けに行ったら色々おかしかった。

ブラック企業臭がプンプンしたので多分この会社には行かないと思う。

おかしいと思ったところを箇条書きで書いておく。

あと、それに対して調べた事もメモしておく。

 

募集要項では正社員のはずなのにバイト扱いだった件

正確には、バイト扱いの契約スタッフを1年続けて、試験に受かったら正社員になれるとのこと。じゃあ、募集要項に最初からそう書けばいいのに・・・。

しかも経験上、こういうのって正社員になれること、ほとんどないんだよね。。。

 

※募集要項はあくまでも「見込み」だから違法ではないそうな。

 

入社半年は社会保険がない件

え、これいいの?

なんか怖い・・・。

 

※調べてみると、バイト扱いといえども、正社員と同じようにフルタイムで働くならやっぱり違法みたいです。

もしかすると、この半年の期間は時短で働くから法律の目をくぐりぬけるのかも?

 

面接官がキョドっていた件

面接官は2人いて、このキョドってたおじさんが中心に質問してきた。

もうひとりの面接官はずっとMacいじってた。

Macいじってた面接官の方がベテランっぽかったし、この人が面接すればいいのに。

キョドってた面接官の面接方法を見ていたのだろうか?

あと面接官ってその企業の印象を決める大事な役割の人だと思うんだけど、なんでこの人使ったの?

 

※面接官は志望者にとって、その企業の顔。

面接官が微妙だと、その会社も微妙な可能性が高い。

 

入社時期に厳しい

内定がでたらいつ入社できますか?という質問に対し、「セールが終わる1月末です」と答えたら、Macをいじっていた面接官がいきなりしゃべり出した。

「それって会社事情ですよね?」とジロリ。

やばいな、と思って「いや、12月末でも大丈夫だと思います」といったら「ふん、そうですか」とまたMacをいじりだす。

 

※とにかく人が足りない企業だから早く来てほしいという場合もあり。しかしどこの企業でも就業中の場合は「内定から一ヶ月後」が一番良い。それも無理な場合は、「引き継ぎに2ヶ月以上かかりますが、早く入社できるように努力します」という誠意ある言い方が良い。この回答は私の面接対策が不十分であった。

 

 

血液型を聞いてくる

O型ですが、それが何か?

血液型が採用に関係するんですか?

 

※血液型が採用に関係するならそれは差別です。

しかし、企業によっては血液型の話題をコミュニケーションの一環としているところもあるそうです。

「大雑把なO型と言われておりますが、職場では真面目という評価をいただいております」みたいに、自己PRも兼ねて答えられれば良かったかなあ。

 

家族構成、夫、両親の名前と年齢を聞いてくる 

なんでそんなこと聞いてくるの?シリーズ。

ずいぶんプライベートなことに突っ込んできますね、という印象。

後で検索かけたりしてるのかな・・・。

 

労働基準法を調べてみたら普通にアウトだった。

家族や出生地のことなど、本人に責任のない事項は聞いてはいけません。

 

 

ちなみに、誰もが知ってるサービスを展開している事業です。

会社の業績も良いし、一瞬だけみた事務スタッフであろうお姉さん達は感じ良さげでした。しかし、面接の様子からするとどうもこの企業に就職する気にはなれませんでした。

 

結果的に不採用でしたが、何の心残りもないです。

ただ、面接としては練習になったし、反省点は色々あったから次の糧に出来ると思う。

 

 ちなみにこの企業は女性用の某転職サイトで見つけました。

 

 

 

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】

 

 

 

 

 

復職3ヶ月からのまた休職

過食、腹痛、不注意、出勤前に電車内で泣くという行為が続くので、また心療内科に行った。医師いわく、「軽いうつ状態になっている」ということで、来週から休むよう指示が出た。

 

人手不足の中、いきなり社員の一人が休職に入るということがどれだけ周りに負担を掛けるか。それを考えると、これを店長に報告はかなり抵抗があった。しかし、勇気を出して報告すると意外とすんなり受け入れてくれて、医師の指示通り来週から休職となった。

 

私が11月半ばから休職に入るということで、一度できた今月のシフトは組み直しとなった。申し訳ない。

 

しかし、申し訳ない気持ちはあるものの、休職が決まり、私の心は晴れ晴れしていた。帰りの電車では、「イエス・キリスト」や「釈迦」や「光」などのイメージがパッパッと浮かんでは消えていく。旦那からは「ルンルンだね」と言われる。

 

私は、今の仕事が嫌いだ。

休職という形を取ったものの、復帰する気なんてない。

 

さて、この次はどうしよう?

 

このまま仕事を辞めて、専業主婦するのもアリだ。

転職するのもアリ。

 

よく休んで考えよう。

 

 

うつ病は軽症のうちに治す! (PHP文庫)

うつ病は軽症のうちに治す! (PHP文庫)

 

 

 

 

 

 

 

マッドマックス〜怒りのデスロード〜観てきた

今日はレディースデイだったし、映画を観ることにした。

前から気になっていたマッドマックスを少し遠めの映画館でみた。

 

はっきり言って、前評判ほど面白くはなかった。

アクションはスゴかったけど。

でも8割くらいアクションだと、観てるこっちは食傷気味になってくるんだよね。

最初は「わー!」ってなるんだけど、だんだん飽きる。

 

何年も前に「マッハ!」観たときも同じ感想だった。

スタントマン大丈夫かと思われるようなアクションがすごいのは分かるんだけどさ、制作側が「すごいでしょ?」と見せつけてるようで、観てる側が置いてきぼりにされてるような感覚。

 

 

マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]

マッハ ! プレミアム・エディション [DVD]

 

 

 

あと、フュリオサの背景がよく分かんなかったから、フュリオサが絶望して絶叫するシーンもあんまり共感できなかった。

確かに口頭で子供の頃に連れ去られたと言ってたけど、もう少しフュリオサの今までの悲しみを感じさせる描写があったら泣けたんだろうけど。

(ただ、その後イモータン・ジョーに「私のこと、覚えてる?」と話かけるシーンがあり、二人がただならぬ関係にあったことは予想される。)

 

あと、イモータン・ジョー側軍隊にいた太鼓と火を吹くギターの音楽隊が好きでした。

 

私は世界観があんまり自分の感覚としてハマらなかったし、アクションも食傷気味で飽きちゃったけど、

「ヒャッハー!!」な感じが好きな人とか、ドーン!バーン!ドーン!!なアクションが好きな人は楽しいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

向精神薬5錠一気飲みしたぜ

昨日色々あってまた涙止まらなくなったから、前心療内科でもらった薬を飲むことにした。

旦那が、私が泣くの嫌がるんだよね。

旦那が嫌がるくらいなら薬飲んで泣き止もうと思って一錠飲んだ。

少し眠くなったから床に倒れ込んだ。

でも、涙は止まらなかった。

 

床に倒れ込むも基地外っぽくて旦那は好きじゃないから、せめて布団で泣いてた。

いつまで経っても辛くて涙が止まらないからもう一錠投入。

眠気が強くなるが、胸のつかえは止まらない。

 

また薬は病院でもらえばいいや、と思ってさらに3錠投入。

1シート10錠だから半分一気飲みしてやったぜ!

 

何かよく分からないけど、勉強がしたくなった。

最近買った、この本を読む。

 

 

しかし5ページ程読んだ所で激しい眠気が・・・呼吸もゆっくりになる。

ダウナー系のマイルドなラリリ心地。

カモン、私を心地よい眠りへと誘っておくれ。

 

そんなこんなで、昨日は21時に眠れた。

起きたのは4時。

 

超健康的じゃん!

今日こそ人事に仕事辞める連絡するぜYEAH!!!